もふとケモノとサンダース!

サンダースが世界の何よりも愛おしいケモナーの日記…的なもの。

スマッシュブラザーズsp

こんにちはー『もふもふ』でーす(゚ω゚)!

 

なんか挨拶するの初めてな気がしますね…(・・;)ゴクリ

 

前記事では「次もポケカかz/xのデッキレシピかなー」と言ってましたが、今回はまさかのゲームの感想( ・ω・)

 

そしてそのゲームとは…

 

大乱闘スマッシュブラザーズSP』!!

 

え?遅くね?って?

※発売は2018年12月

 

いや、何か感想書こう書こうとは思っていたのですが、他のゲームしてたりカードゲーム再開したりで書く暇無かったんですよね(´ω`)

 

でも最近カードのレシピばっかりだったので少し違うことも書こうかなーって思った次第ですよ( ・ω・)/

 

まぁネタバレ云々ってゲームでも無いですし、適当に書いていこうかなーと。

 

まずはいつも通りどんなゲームか何ですが説明不要なほどにメジャーなゲームですからねf(^_^;

書く必要無しか。

 

なので私のプレイ状況とかを書いていこうかと思います(゚ω゚)!

 

まず私のプレイ状況なのですが他記事でも言っている様に基本的にネット対戦しないんですよねw

 

故に基本的には1人プレイで遊んでます( ・ω・)

※友達いないとかじゃ無いんだからねっ!

 

大体『大乱闘』で『2ストック 1vs1 アイテム無し 終点のみ cpuLv9』で遊んでます( ・ω・)

 

後たまに『勝ち抜きバトル』とか『灯火の星』とか『スピリットボード』とかやってます。

 

まぁそれでも楽しいんですよね(゚ω゚)!

 

スピード感の薄いゲームとかをしてる合間にちょっと点けて遊ぶみたいなのも良いですし、ガッツリ目にトレモで練習してみたりとかも楽しいです( ・ω・)

 

何て言うかキャラクターの動きがしっかりしてるのと動きがスピーディなのでアクションゲームの楽しさを手軽に味わえるのが好きなんですよね(´ω`*)

 

なんなら『亜空の使者』あればよかったのに!まで思いますから。

個人的にスマブラのアクション性で横スクって結構楽しかったので…( ・ω・)

 

とそんな感じで遊んでる私ですが、使用キャラクター(所謂メインキャラクター)は『ベヨネッタ』と『カービィ』(゚ω゚)

 

『ベヨ』は原作が好きなので使ってみたかったのが、『カービィ』は原作が好きなのと触っててしっくり来たのがそれぞれ理由です(゚ω゚)

 

折角なので使用キャラクターについての感想でも…

 

まず『ベヨネッタ』。

 

メインで使用していて累計で100時間ほど触ってるらしいですw(ゲーム内のカウント曰く)

なんですが、正直強いキャラクターでは無いと言うのが素直な感想(´ω`)

 

強いなーと思う所をあげるならNBでの場外への牽制とと上Bの発生位でしょうか(・・;)

 

まぁ100時間位触ってるので、それぞれの技の中で使いやすいと思う技とか特徴とか、感じた所も少し

 

必殺技

 

『NB』

射角が微妙かつ絶妙。

上でも書きましたが、中%帯で前投げや弱連で崖外へ出した相手に取り合えず撃つのが雑に強いかとw

 

当たれば%を稼げますし、回避で下に抜けたなら復帰阻止に移れますから。

 

そこまで溜め時間も長くないので折角なら溜めて撃つと尚良いかと(゚ω゚)

※ただしcpuは阿保みたいに当たって撃墜出来ちゃうので封印しないと上手くならないと思います。

 

『上B』

『ベヨ』の技の中で最速発生技…らしい。

ガーキャンからはこれ1択レベルです。

しかも入れば後述するコンボで35%位は安定して持ってけるので強い。

頼りになります。

後、他のキャラクターと違ってジャンプ前に『上B』を消費していてもジャンプ後にはもう1度『上B』が出せると言う特徴が有ります(゚ω゚)

コンボする上でも復帰する上でも滅茶苦茶重要なので練習必須。

更に空中ジャンプ発生後3F以内に『上B』を入力すると『上B』の後に更にジャンプが出来るとか言う変なテクニックも有りますw

※『ジャンプ』→『上B』→『空中ジャンプ(ほんの少し浮く)』→『上B』→『空中ジャンプ』となります。

 

私もベヨを上手くなりたくて練習しまくって出来るようには成りました。

 

 

『横B』

地上と空中だと挙動が変わるベヨの代名詞。

更に空中で出す際に普通に出すと上昇しながら横に蹴りを、波動拳コマンドで出すと斜め下に下降しつつ蹴りを出すと言う技。

地上だと出が遅い上にガードされると相手の横スマが確定で入るレベルの後隙に設定されてるので普段は封印レベル。

ただし持続が長く、回転回避を狩れるので要所で撃つと強いです(゚ω゚)

しかも地上で入ると50%超のコンボに繋がるのでリターンも美味い( ・ω・)

まぁどうせガードされるんですけど…

 

空中で出す場合は発生も速く、移動距離もあるので復帰、コンボ、着地狩り拒否と兎に角使いまくることになります(゚ω゚)

ベヨばっかり触ってたせいで他キャラ触ると空横Bで追撃しようとして「( ゚д゚)ハッ!」ってなる。

 

『下B』

原作でもお馴染みのウィッチタイム。

どんな攻撃でもカウンターに成功すると一定時間相手がスローになる技。

ただスローの持続が相手の%依存な上にかなり短い為、相手の%が100越えしないと機能しない悲しみ(´ω`)

しかも弱連とかをカウンターすると2段目にあたってスローが解除されるとか言う糞仕様付き。

※この仕様は必要なかったのでは?と思う

 

その代わり決まったときはリプレイに残したくなるくらい格好いいので高%になったら擦りまくれ!(゚ω゚*)

※そんなことしたら負けるので真似しちゃ駄目よ

 

と必殺技は滅茶苦茶特徴的。

横Bは出し方で3種類の挙動があるわ、上Bもジャンプ中出した回数で敵の吹き飛び方が変わるわで覚えることもやることも滅茶苦茶多いキャラクターだなーと思います( ・ω・)

 

必殺技以外だと『下強』『上強』は発生も早めでコンボに繋がるので多めに撃っていく形になるのかなと思います。

ただ、スマッシュが絶望的に弱いのがしんどい(´ω`)

発生は滅茶苦茶遅い上に後隙も鬼とか言う誰特仕様ですからね( ・ω・)

(ジャストガードからでも入らない上に下手したら相手に普通のガードから反確でスマッシュ入るレベル)

 

横スマもリーチはあるんですが足元近くに判定がないので、密着してると当たらないなど、結構酷いですから(´ω`)

 

後はやっぱりコンボでしょうか( ・ω・)

 

簡単な物で

 

『上強』→『空上A』→『空横B』→『空横B』→『空後A』

(確か40%位)

 

 

『地上横B』→『空NA』→『空横B』→『空上B』→『空横B』→『ジャンプキャンセル空上B』→『空前A(3連打)』

(確か65%位入る)

 

ガーキャンからだと

 

『上B』→『空横B』→『空上B』→『空横B』→『空後A』

(35%位?)

 

など、他キャラとは比べ物にならない位技を繋げられます(゚ω゚*)

実践では投入し難いレベルかもしれませんが面白い動きのコンボもあったりと練習するには本当に面白いキャラクターだと思います( ・ω・)

 

ただ、横スマ以外にリーチのある攻撃がなかったり、地上で牽制に使える飛び道具がなかったりと接近戦を余儀無くされるキャラクターで有りながら

 

足が遅い

軽くて吹き飛びやすい

技の発生が全体的に遅い

 

などと接近戦に向かないキャラの様な設定になっていると感じました(´ω`)

 

後は散々言われてるようにバースト力が低く、コンボでダメージを稼げても倒せずに負けたりするのが辛い所ですかね(・・;)

 

ぶっちゃけ初心者にキャラをオススメするなら『ベヨ』はないなって思いますからf(^_^;

弱いとかよりも、難しいです。

友達と遊ぶ程度(私とかと同じ程度のレベル)ならば、素直に『クラウド』とか『ルキナ』とか『ウルフ』見たいに使いやすくて単発で強いキャラが良いでしょう。

 

さて『ベヨ姐』はこんな所で次に『カービィ

 

こちらは実はまだ6時間ほどしか触ってないので、ひとつひとつ技の話とかはしません(´ω`)

 

が、触ってみて思うのは少なくとも『ベヨ』よりは使いやすいキャラクターだなーと。

と言うか全キャラクターでも癖が少なくて使いやすいとキャラクターだと感じました( ・ω・)

 

特に気に入ったのは『空前A』の持続の長さと、多段ジャンプキャラ故の小ジャンプの低さ。

 

なので本当にコンボがしやすい(゚ω゚)

 

他にもコンボの機転にもメテオにもなる『空下A』や判定、リーチ、発生、バースト力全てを兼ね備えた横スマッシュなど(ベヨの横スマの全てを凌駕してましたw)、使いやすい技が多い。

 

実際に100時間超触ってた『ベヨ』だとcpuLv9に負けることも有りますし、勝ってもギリギリな時も結構あったんですが、『カービィ』だと40秒くらいで決着つく上にストレート勝ちも余裕になるんですから間違いないかと(´ω`)

 

ただ勿論他のキャラも少しずつは触ってみて、1番しっくり来たのが『カービィ』だったので合う合わないがあったのかもしれませんけどねf(^_^;

 

ただ『勝ち抜きバトル』の9.9は『ベヨ』でしかクリア出来てませんし、私にとっては『ベヨ』も十分持ちキャラかなとは思ってます(゚ω゚)

 

使用キャラ以外のキャラについては詳しく無いですが、一応今作はかなりキャラ感のバランスが良いとは言われています。

が、個人的には『インクリング』『クラウド』辺りはもう少し弱くても良いんでない?と思います(・・;)

技の判定とかね。

 

まぁ基本的にcpuと遊んでる私にはキャラランクなんて気にならないんですけどねw

 

取り合えず使用キャラについては以上でしょうかね( ・ω・)

 

個人的には『スマブラ』として満足な出来なのでちまちま他ゲーの合間にアクション要素補給に遊ぶと思います。

何だかんだで『スマブラfor』も200時間超遊んでましたしね。

(SPは現在175時間プレイ)

DLCドラクエの勇者が来たり『バンカズ』の2人が参戦したりと面白そうですし(゚ω゚)

あ、『カズーイ』はメスケモなので使います(殴

勇者は『アルス(7の勇者)』が来てくれたら嬉しかったなぁと。

 

 

 

スマブラ遊んだことないって人も少ないと思うので、オススメがどうとかも言いませんけど、やっぱり良いゲームだと思いますし、割りとマジでダウンロード版にしとけば良かったなぁーってf(^_^;

※その方がいつでも遊べますしね

 

 

…見返してみてもなんか纏まってなくて変な記事になってしまった感が凄いw

 

次はたぶんですが『x/z』の記事にしますので、興味のある方は見てくださいな(゚ω゚*)!

 

ではノシ

ポケモンデッキレシピ【モルフォンGX/ミュウミュウGX】

 

さぁさぁ今回も『ポケモンカード』のデッキレシピ紹介と行きます(゚ω゚*)!

 

前回に引続き、二つ目のデッキは…

 

大好きな『モルフォン』のデッキ(゚ω゚)!

 

モルフォンは大好きですが、嫁はサンダースです。サンダースはもっと好きです。好きとか言う次元じゃ(ry

 

悲しいことに(身内)環境の関係からメインに据えられなかった我が嫁『サンダース』と違って『モルフォン』はデッキのメインを張ってます(´ω`*)

 

原作だと強ポケには遠く及ばない『モルフォン』ですがポケカのSMレギュレーションならば1進化GXの中でも最強クラスの火力を出せる子です(゚ω゚)

 

…まぁ環境的な側面で1進化故の弱さとか、火力の為に犠牲になるものとか色々あるんですがそこは後述と行きまして~、デッキレシピどん!

 

モルフォンGX/ミュウミュウGX】デッキ

 

 f:id:Mofu-Mofu:20190709225212p:plain

 

またしても便利な公式サイト利用( ・`д・´)!

 

まずはメインのポケモンとサブ?のポケモンの紹介

 

・『コンパン』『モルフォンGX』

 

 

 

 

このデッキの主役(´ω`*)

モルフォン好きな私も満足な非常に可愛いイラスト(゚ω゚)!

コンパンも滅茶苦茶可愛い(´ω`*)

※何度も言いますが嫁はサンダースで(ry

 

ちゃんと『モルフォン』で戦いたいので『コンパン』『モルフォン』ともにフル投入( ・ω・)

 

『コンパン』で技を打つとしたら後攻1ターン目のみですが、打つとしたらこの『コンパン』のレーダアイが1番強いのでこちらを採用してます( ・ω・)

 

モルフォン』は3エネ110点と単体性能はかなり弱めですが、サポートの『アンズ』『キョウの罠』と合わさると効果が変わる面白い性能をしてます( ・ω・)

 

守りの『アンズ』、攻めの『キョウ』と打ち分けられて楽しそう?

使ってる側はそんな余裕は有りません。(後述)

 

ただ、1進化GXでありながらエネトラッシュなどのデメリット無しで実質210点を出せると言うのは実はかなりの高火力です。

 

また『10枚返しGX』は無色1エネ起動かつ60点の10枚ドローと非常に使い勝手の良い技です。

その代わり間違いなく返しで『ジャッジマン』か『マーシャドー』が飛んでくるので…(゚A゚;)

ただ運良く飛んでこなければ爆アドです(゚ω゚)!

 

・『ミュウツー&ミュウGX』

 

 

 

現在のポケカでの万能ポケモン

ただし【ギラマネロ】は勘弁な!

 

モルフォン』自身の耐久力はHP200と高くは無いので『ミュウミュウ』を代わりに立てることで実質HPが70上がった『モルフォン』として使います。

何より『種ポケモン』なので後攻1ターン目でも『ハイパーボール』が上手く嵌まれば『モルフォン』の『10枚返しGX』が起動できます( ・ω・)

まぁ出来れば良いな程度で無理に狙うものでは有りませんが…。

 

後進化じゃない故に2体目以降の『モルフォン』として使う場合は事故りにくくて良いかと( ・ω・)

 

・その他のサポートやグッズ

 

 

モルフォン』が『しのびのごくい』で『キョウ』『アンズ』を要求する為、それらを手札に持ちやすくするために『ピジョン』『マグカルゴ』をそれぞれ進化ラインごと2枚ずつ投入。

 

 

後微妙に惜しい打点を押し上げる目的で『こだわりハチマキ』は3枚積みにしてます( ・ω・)

 

『キョウ』+『ハチマキ』で240点(ピカゼク確1ライン)

 

『ハチマキ』+『アンズ』で140点&種に無敵(260以上のタッグチーム確2ライン)

 

のように無いとダメまで有りますからね( ・ω・)

また、2進化GXの内いくつかのポケモンはHP250かつ200点以上の打点を持っているので、それを無理矢理確1に持っていくために『戒めの祠』を採用してます。

 

『キョウ』+『戒め』+『ハチマキ』で250点(メタグロスソルガレオなどを確1)

 

『戒め』については『ハブネーク』『ラランテス』と悩み所でしたが、ベンチ圧迫の為(既にカタツムリと鳥がベンチに居座りまくってるので)、スタジアムである此方を採用しました。

特に『ラランテス』は効果は強いんですが1進化故にデッキスペースまで圧迫しますからね(´ω`)

ハブネーク』の方は『スタジアム』と比べて相手に退かされにくい+(採用こそしてませんが)『テテフ』や『ミュウミュウ』と『ミステリートレジャー』を共有出来る(何ならネストで引っ張れる)利点も有るため、使い勝手はこちらに軍配が上がりそうです。

 

ただ『ハブネーク』でのスタートとか言う悪夢が発生する可能性が生まれるのはかなり…(゚A゚;)

まぁそこは使用していって調整するポイントでしょうか。

 

と採用してるカードについてはこんな理由からの採用及び枚数調整になっております( ・ω・)

 

 

次に回し方やこのデッキの特徴(強み弱み)などについて

 

まず回し方ですが、先行後攻関わらず1ターン目には場に

 

①『コンパン』または『ミュウミュウ』を1体。

②『コンパン』または『ミュウミュウ』に何でも良いのでエネルギーを1枚手貼り。

 

そして2ターン目には

 

①『モルフォン』または『ミュウミュウ』が合わせて2体。

②『モルフォン』または『ミュウミュウ』に合わせてエネルギーが2枚ついている。

 

を最低限満たしましょう。

 

これが出来なければ敗けがかなり近づいたと思って頂いて結構な程に重要。

 

身内戦で相手のデッキが判っているならエネの付け方には工夫が必要です。

※手札にもよります。

 

例1)相手が進化デッキかつ此方を後攻2ターン目or先行2ターン目に倒しにこれるデッキの場合

 

この場合は自分が後攻ならば前と後ろに『コンパン(又はミュウミュウ)』(以降コンパン&モルフォンミュウミュウとして見てください)を置き、後ろにエネを先に貼りましょう。

 

自分が先行ならば基本的には前の『コンパン』からエネを貼って行きます。

先行2ターン目に後ろに貼って『10枚返し』がベターです。

※ジャッジやマーシャドーは来ないものとして行きましょう。

 

例2)相手が種ポケモン主体かつ此方を2ターン目から確1に取ってくるデッキの場合

 

この場合、後攻スタートであれば例1と同様になります。

ただ先行の場合は少し変わり、先行2ターン目に『アンズ 』が打てるならば前の『コンパン(モルフォン)』にエネを貼って『しのびのごくい』で無敵を付けて行きましょう。

 

勿論これが全てでは有りませんが、これが何度も使っている内に感じたこのデッキでの序盤の動き方です。

当然、上の動きを意識しつつ『ポッポ』や『マグマッグ』を出して行きサポートポケモン達の準備も進めていきます。

 

他のデッキと比べるとこのデッキはエネ加速手段が一切ありませんので、序盤の動きが滅茶苦茶大事です。

 

サポートについても可能であれば1ターン目は『リーリエ』、2ターン目は『アンズ』又は『ウツギ』を打つように動けるのが1番かと思います。

 

2ターン目の『アンズ』は上で言う所の例2の先行パターンの時、その他の場合は『ウツギ』から『10枚返し』に入れると強力です。

 

特にエネ加速が無いのが非常にしんどい為、エネをつけた『モルフォン』が倒される可能性がある時には必ず後ろにエネを1枚以上つけた『コンパン(モルフォン)』を用意するように意識することが大切です。

 

間違っても後ろにエネが1枚も無い時に前の『モルフォン』で攻め込んでは行けません。

その場合は1度『アンズ』で無敵を付けて1ターン『モルフォン』を生かしましょう。

※相手が此方を確1に取れないデッキであれば攻めても大丈夫です。

 

ゲームプランとしては次の様に纏まります。

 

①相手が種主体

 

マグカルゴ』『ピジョン』を立てて、毎ターン『アンズ』を打ち続ける。

此方の後ろが育ち始めたら『アンズ』を打たずに『キョウ』や『リーリエ』で1ターン間を置いたり攻めたりします。

相手が『グズマ』で無敵の『モルフォン』を退かした際の攻撃の標的として後ろにも『モルフォン』を立てておきましょう。

最悪『アンズ』を打ち続けて1体目の『モルフォン』を守り続ければ相手の『グズマ』が尽きて詰みに出来る可能性がありますから。

その場合はサイドが先行される為、隙をみて『マチス』+『アンズ』+『キョウ』で切り込めると強いかと。

 

②相手が進化主体

 

前と後ろに順々にエネを貼っていつ前の『モルフォン』が倒されてもリカバリー出来るようにしましょう。

1進化デッキの場合、大抵は此方を確1に取れないので『キョウ』を打ち続けて暴れても良いです。

 

2進化デッキは相性が悪く、此方は確1に取りづらく『アンズ』の無敵も使えない、相手は此方を確1に取れると言う状況になりやすいです。

この場合は相手のバトルポケモンを早急に確1に取ってしまい、後続が殴れるまで1ターンかかることを祈りましょう。

※例えば後攻2ターン目に相手のアタッカーを確1に取ったとすると、此方の後ろにはエネルギーが無い状態になります。

そこで相手の返しで一気にアタッカー(モルフォンを確1に取れる)が育った場合は、多分負けます。

 

 

回す上で重要な点やゲームプランはこんな所でしょうか( ・ω・)

恐らく的外れでは無いと思います。

 

そして、このデッキの強みと弱み。

 

強みは何と言っても『種ポケモン』に対する無敵効果でしょう(゚ω゚*)

また、1進化で有りながら『ハチマキ』込みで240点を出せるのも魅力です。

1進化故に2進化程事故を起こさないのも良い点だと思います。

 

逆に弱い点。

沢山ありますが、1番大きく占めるのは『サポート』の限定化でしょうか。

 

モルフォン』と戦う側からすると「特定のサポート打たないと打点出ないのしんどいかな?」程度の認識になるのかなとは思います。

 

が、まず『キョウ』に関してはドローなどのデッキの回転に関われる効果が一切無いため、要所以外ではただの事故要因です。

『アンズ』は『モルフォン』を使ってると(キョウが弱すぎて)1週回って滅茶苦茶強く感じるんですがドローサポートとしては弱い部類と言えます。

 

そしてこれらを使わないと『無敵』も『打点』も出ないと言うことは少なくとも毎ターンこれらを使い続ける動きをすることになります。

先のパックで『グレートキャッチャー』が出たので少し解消されましたが、これは勝ち筋を作るカードである『グズマ』が使用出来ないと言うデッキ単位での弱点と言えると思います。

更に言うと『アンズ』『キョウ』を入れなくてはならない為、強力なドローサポートを入れる枠すらも構築段階でなくなります。

(しかも3ターン目以降はそれらを使用する為にドローサポートは使用すら出来ない)

 

この為、手札が増え辛い=後ろにサポートポケモンが揃いにくいと言うデッキの回り辛さにも繋がります。

 

個人的にサポートの限定化が構築段階、試合中合わせてかなりの弱点になっていると思います。

 

他に弱い点としてはHP120~の非GXアタッカーに対して有効打が無い所(進化だと尚キツイ)

 

事故回避出来る1エネ技が無い為、前述のように1度エネが消えると、一方的な試合になるなど弱点と言える部分は多くあります。

 

環境のせいでもありますが、1進化と言うのも弱点として見れないことも無いかと思います。

 

公式がTAG押せ押せなので、火力,耐久ともに低い上に進化をする必要がある1進化GXはそれだけで追い風なのかなとは感じます。

(サンダースも同様の理由からのメインでの使用を諦めました)

 

環境だけで見るならばGXの強さとしてはこんな感じだと感じております。

 

TAG(HP270以上) > TAG(HP270未満) > 種GX(ハチマキ込みで270打点超)=2進化GX(ハチマキ込みで270打点超)=TAG(HP240ライン) > 1進化GX(ハチマキ込みで270打点超) > 1進化GX(ハチマキ込み240打点以上) > 種GX(ハチマキ込みTAG確2) > 1進化GX(ハチマキTAG確2) > 2進化GX(ハチマキ込みTAG確2) 

ケルディオアローラペルシアンの様なメタ系のポケモンや、マニューラの様なサポート系のポケモンは除き、純粋なアタッカーとしての評価です。

勿論技の強さ、タイプ的にエネ加速に恵まれているかなどによっても評価は変わるので一概には言えませんけれど。

 

ただ、冒頭でも言って居りますが、1進化GXの中では『モルフォンGX』は最大火力がかなり高い為、その点で全然戦えるカードだと思います( ・ω・)

『アンズ』の無敵も有りますしね。

※個人的な意見ですが『モルフォン』はかなり恵まれてる方だと思いますので

 

後はデッキが特殊な形になる為、サブアタッカーを採用しにくく、『フーパ』や『ケルディオ』『アローラペルシアン』などのGXメタカードに対抗手段が少ないのも辛いです。

特に構築段階で『グズマ』を入れにくいことも含めてこれらのポケモンにはデッキ単位でかなりの不利対面と言えるかと。

ここは『カミツルギ』『フーパ(いましめ)』みたいなエネ要求の少ない種サブアタッカーを採用して行くしか無いですかね( ・ω・)

 

と、使っていて弱点と思える部分も多く見えるため、弱みを多めに述べましたが、総合的に見て普通に「戦えるデッキ」であると思いますので、『モルフォン』が好きな人は是非手にとってあげてくださいな(´ω`*)

 

後、こんなに可愛いのに滅茶苦茶安いので御財布にも優しいのは強みとも言えますね( ・ω・)

 

※参考

モルフォンGX(SR)』300円

『キョウの罠(SR)』380円

『アンズ(SR)』480円

 

『キョウ』と『アンズ』はSRでこの値段なのでノーマルは推して知るべしw

モルフォン』もRRだと180円程度です。(特価だと79円を見たことも有ります)

 

このレシピでは『ミュウミュウ』(1500円程度)が高いですが別に無くても大丈夫なので、安く組む場合は無しで行きましょう(殴

 

逆に高くても良いって場合は『マグマッグ』辺りを1枚『メタモンPS』(2400円!!)にしましょうw

 

 

さて実はこのレシピ、前身のレシピがありまして、それが此方になります。

 

 f:id:Mofu-Mofu:20190709225209p:plain

 

基本的な動きは同じですが、1ターン目、2ターン目どちらも『ウツギ』を打って『10枚返し』から入ることを強く想定した形になります。

故に先2『アンズ』の動きをし辛かったりと序盤から此方を毎ターン確1に取れる攻撃を繰り返してくるデッキに対しては弱いです。

 

その代わりに中盤戦以降で250点を出しやすくするように『戒め』が多めに入っていたり、『キョウ』と合わせるために『カスタムキャッチャー』が入っていたりしております。

 

また、『テテフ』から『ほんぐり職人』でエネルギーに触れたり、『ウツギ』からの『ウツギ』で後ろに『ピジョン』を2体以上並べたりと盤面の作りやすさは今の構築よりも勝っています。

※友人の【カラマネロラティラティ】が毎戦2ターン目には『カラマネロ』3体を必ず立てて来るため、理想の回りをしてもこちらが競り勝てないことから改造と相成りました(・・;)ぐぬぬ

 

上記の様に速くて打点の高いデッキには弱かったですが、『モルフォンGX』のデッキとしては満足できる仕上がりだったので、こちらのレシピもオススメですw

(何様だよってなもんですが(・・;)

 

環境から見ると中堅程度のデッキかとは思いますが、使ってて楽しい(後モルフォンが可愛い)ので、好きなデッキです(゚ω゚)!

 

良くジムバトルなんかの優勝者デッキを見て回っておりますが、【モルフォンGX】で優勝している方が居られる事もちらほらあるので見かけたらレシピを研究するようにしております( ・ω・)

 

他にも『モルフォン』で直接戦う型ではないですが『ミュウミュウ』を活かして『リーフィア』『ジュカイン』『グソクムシャ』『ラランテス』などと一緒に技を打ち分ける『ミュウミュウ草バレット』なんてタイプでも『モルフォン』は活躍しているようです(´ω`*)

※しかもそこでも主役!

 

さて長くなりましたが、ここまで読んで下さったと言うことは貴方(貴女)も『モルフォン』好き(゚ω゚)?

 

さぁ是非【モルフォン】を手にとって下さいな。

 

次の記事はまたしても『ポケカ』のレシピか『z/x』のレシピだと思いますので、次回をお楽しみ?に( ・ω・)ノシ

ポケモンデッキレシピ【サンダースGX/クワガノンGX】

 

さて前記事から大分空きましたが、最近始めたと行っていた『ポケモンカード』のデッキ紹介でも(゚ω゚)!

 

折角なので1つ目のデッキ紹介は我が最愛の嫁『サンダース』のデッキ(゚ω゚)!

 

のはずだったんですけどね…(゚A゚;)

 

と言うことで以下レシピです( ・ω・)/

 

※スタンダードレギュレーション前提で組んでおります。

 

 

【サンダースGX/クワガノンGX】デッキ

 f:id:Mofu-Mofu:20190625000405p:plain

 

折角公式サイトに便利な機能があったので画像張り付けちゃいました(・ωく)

※『テテフ』が1枚『マーシャドー(リセットホール)』の間違いです。 

 

列記しなくて良いって神か…(゚A゚;)

 

さて内容やらについて少し。

 

 

・『イーブイ』『サンダースGX』

 

メインになる筈だった我が嫁(´ω`)

なんですが、色々あってサブアタッカーへ転職。

回してて割りと使わない事の方が多かったり…(・・;)

でも可愛いから!

世界で一番可愛いからッ!

 

役回りとしては後述の『クワガノンGX(非GXガノン)』で倒すと燃費的に勿体ない相手(身内環境には居ませんがサンダーやコケコなど)を狩るのが仕事。

後『イーブイ』スタートからエナジー進化で『サンダースGX』なることで逃げエネ0で場を整えられるのは強いです(´ω`*)

 

ただしエネルギーの関係から出しても1体まで。

 

・『クワガノンGX』『クワガノン

 

まさかの主役(キャー『かみかり』ちゃん格好いいーッ(*・ω・)

※『かみかり』はサンムーンで旅パに居た『クワガノン』のNNです。

 

先行2ターン目『ギガトロンGX』の破壊力はヤバい(・・;)

 

構築の際は「ギガトロンが先行2ターン目で撃ちたい撃ちたくない関係なく、撃てなきゃ駄目」と考えて構築してます。

 

え?なら『ダブル無色』4枚だろって?

枠がねーんだよッ!

 

相手のデッキが後ろにHP60以下の種を置くタイプなら問答無用で『ギガトロン』!

そうじゃないならGX技は『サンダース』か『コケコ』に譲ります。

 

デンヂムシ』が優秀なので、技を撃てずに困ることは少ないですが、撃てば撃つほどリソースが減る技なのは間違いないので、「後何発、誰に撃つのか」を考えて撃って行きましょう( ・ω・)

 

非GXの方の『クワガノン』はHP高めかつ高威力連打型のタッグGXへの回答です(´ω`*)

 

ただしこちらは更に燃費が悪いため使えて1発の切り札と考えましょう( ・ω・)

 

・その他サポートやグッズ

 

クワガノン』が主力で、『ガノン』も『アメ』も持って来なくてはならないので、デッキを素直に縦に掘れるカードを多めに入れております。

初ターンは、特殊な動きやギミックは無いので出せるものを場に出して『リーリエ』を打ちに行くことを想定して4枚です。

それに伴って手札枚数の調整になる『ハイパーボール』も4枚。

 

『ネストボール』は基本的に引けたら使う程度ではあるんですが、『デンジ』→『ネスト』→『マーシャドー』で疑似ブロワーや、初ターン『デンジ』をせざるを得なかった場合に『アゴジムシ』『イーブイ』を出せるように1枚だけ採用です。

 

クワガノン』を序盤に『ハイパーボール』で切ってしまうことのケア、『デンヂムシ』の回収用 に『レスキュータンカ』『ルアーボール』が合わせて4枚積みです。

『タンカ』は『デンヂムシ』以外にも『マーシャドー』回収に使えるのでスタジアムの依存が大きいデッキ相手ならば『マーシャドー』を適当に立ててるだけでも強いと思います( ・ω・)

 

『ルアーボール』は終盤の『デンヂムシ』回収用が主ですが、コインの当たり次第では倒された『ガノン』ごと釣り上げて『アメ』から再始動なんて事も出来るので噛み合えば『タンカ』と比較しても滅茶苦茶強いです( ・ω・)

 

で皆大好き(&大嫌い)『グズマ』ですが、このデッキは火力で押せ押せなので詰めの一手用にピン刺し。

と言うか枠が無かったf(^_^;

(なにやってんだグズマァ!!

 

と、ここまでが対外的なお話(*・ω・)

 

 

実はこのデッキの前は『イーブイ』『サンダースGX』ともに4枚ずつ入っており、メインアタッカーに据えてたんですよねf(^_^;

 

ただ、身内のデッキがほぼ全て

 

『サンダース』を確1にとれて、『サンダース』からは確3(エレパやハチマキ込みで確定2発)

 

と言う状況から『サンダース』メインだととてもじゃ無いけど戦えない(と言うか勝ちがたい)環境だったんですよねf(^_^;

※その環境自体は楽しいので不満はないですよ

 

それで『エボルショック』の『ライチュウ』を入れて誤魔化してみたりしてたんですが、やはり『アセロラ』『グズマ』1枚で瓦解する為、その型も厳しいなぁーとf(^_^;

 

で、結局

 

もふ「自ポケが確1なら、こっちも相手を確1で返すしかあるまい!」

 

と言う考えにたどり着き、電気タイプの中でも指折りのバ火力持ちの『クワガノン』を使うことにしたと言うわけです(´ω`*)

 

まぁゲームのポケモンでもそうですが、例えば『ガブリアス』に暴れられた時に、そのまま『ガブリアス』に上から殴られて倒されるポケモンしか手持ちに居なかったらその時点で詰んでますからね( ・ω・)

 

となるとそのカバーとしては

 

1撃耐えてから1撃で落とす。

 

 

上から叩いて1撃で落とす。

 

になるのかなと。

 

ただ、ポケカだと相手が仮に270の火力で殴り続けてくるデッキだと耐えて返すのはほぼ無理かな的な所が有りますからね(・・;)

 

で、結局『サンダース』が減って『クワガノン』が入ってきて今に至ると…(゚ω゚)

 

まぁほらやるからには10回やったら5回は勝ちたいじゃないですか(´ω`*)

 

 

後の記事で書く予定ですが個人的なポケカのセオリーから行くと、このデッキは割りと良い線行ってるかと思います(゚ω゚)

 

勿論2進化デッキ故に『アメ』事故しますし、『クワガノンGX』も火力が高いとは言え、タッグGXや『メタグロスGX』見たいなHP250を越える相手だと届かないなど、全てにおいて万能な訳では勿論ないですが、友人のデッキともちゃんと戦えたので個人的には満足な出来です(*・ω・)

 

他にも後2つポケカのデッキがあるのですが、それも後々紹介していきます(゚ω゚)!

(需要があるかは知りません

 

それか1回『z/x』のデッキを挟むかも知れません( ・ω・)

こちら(z/x)も今、大いに楽しんでおりますので(゚ω゚)!

 

にしてもやる相手いないから『遊戯』また下火ですねf(^_^;

ここに来てまさかの

お久しぶりです。

『もふもふ』です(・・;)

 

前回の記事から約一月も経ってしまいました(´ω`)

 

…って昨年なんて一月に1記事がデフォルトだった癖にねって( ̄▽ ̄;)

 

4月5月にかけて(と言うかGW前後)はかなり『遊☆戯☆王』の話をしておりました( ・ω・)

 

で、記事にもした通り、GWには友人達と『マスタールール3』での決闘をして、久々の遊☆戯☆王を満喫した訳です。

 

そしてGW最終日にはもう本当に久々に大学の頃の友人達と飲みに行ったんですね( ・ω・)

 

そしたら皆まだカードゲームやってるって言うんですよね( ̄▽ ̄;)

 

いや、ビックリ。

※いい意味で変わりがなくて安心しました( ・ω・)

 

まぁ皆、『遊☆戯☆王』はやってなくて『ヴァイスシュヴァルツ』をやってるよとのこと。

 

大学の時から皆『ヴァイスシュヴァルツ』をプレイしていたので特に驚いたりはしないんですけどね。

(因みに私だけ未プレイなので大学の時からヴァイスは観戦専門でした)

 

で、友人の1人が『ヴァイス』以外にも『z/x』『ポケカ』やってるよと(・・;)

 

で『z/x』は私も大分前にプレイしていた(しかもゲームとして面白かった)ので「へぇー今どんな環境なん」などと話を聞いて、やれ「○○がぶっ壊れだよ」だの「1ターンに7回位攻撃するゲームになってて魔境やで」などと色々な話を聞いて盛り上がったりしてたのです( ・ω・)

 

でその飲み会の翌週にその友人が『z/x』に復帰しようと思った別の友人に『z/x』の環境やらについて説明する会をやるとの話がありました( ・ω・)

 

勿論私も「えー私も行きたい!」として参加及び『z/x』復帰を表明した次第(゚ω゚)

 

勿論友人は歓迎してくれたのですが…

 

その会の前日に「もふ、ポケカ興味ない?もし良かったら金曜夜メシでもどうよ。」

 

のような話が…

 

因みに今さら言うまでも無いですが私の嫁は『サンダース』。

ポケモンは大好きです(´ω`*)

 

でも『ポケモンカード』はやったこと無いんです( ̄▽ ̄;)

本当に幼き頃に親にねだって『タケシデッキ』とか『カツラデッキ』を買って貰ったりしたのは確かなのですが、回りにやってる友人が居らずプレイしたことは1度もなかったんですよね(・・;)

 

で、そんな私ですが「ルールから簡単に教えるよー」なんて言われちゃ気になる訳です( ・ω・)

 

そして…

 

 f:id:Mofu-Mofu:20190602174208j:plain

 

デビューしちゃった(・ωく)

 

見て判る通り早くもデッキが2つもあると言う…(・・;)

 

それぞれ大好きな【サンダースGX】【モルフォンGX】デッキです( ・ω・)

 

それぞれのデッキのお話はまた後々の記事で書きますが、ポケカ本当に面白い(゚ω゚*)

 

『サンダース』をカードゲームで使いたくて遊戯王の【レティキュラント】でトークンに『ポケモンカードのサンダース』を使って戦ってたのも今や昔…。

今や本当に『サンダース』で戦うことになるとは(´ω`*)

 

因みに友人にルールを教えて貰った後、そのまま『サンダースGX』の構築済みデッキを買って帰ったと言う展開の早さw

 

翌日にはストラクチャーデッキそのままでポケカデビューに至ったと言う。

 

友人には

「『サンダースGX』は本当に強いから十分メインとして活躍出来るよ」

なんて言われましたが、その言葉の通り普通に強くてビックリ( ̄▽ ̄;)

まぁ、例え弱くとも『サンダース』を使わないなど選択肢としては無いまでありますから(・・;)

 

またその教えてくれた友人と『ポケカ』をしてるのに触発されてか他の友人も1人ポケカデビューを果たしました(と言うかその友人も元々滅茶苦茶ポケモン好きな人ですので何ら不思議ではないですが)

 

そして更に3人でポケカをやったり買い物したりしてるのに触発されてか更に2人友人がポケカデビューw

 

私含めてこの1月で早くも4人ポケカプレイヤーが増えたというから驚き( ̄▽ ̄;)

 

誘ってくれた友人曰く「予想GAY!」とのこと( ・ω・)

何でもその友人は『z/x』≫『ポケカ』だったそうで…w

 

勿論『z/x』も復帰しました( ・ω・)

 

が、中々環境のインフレが昔プレイしていた頃から激しくて、昔のデッキでは殆どお話にならないと言う現実が…。

 

後、カードが滅茶苦茶高いw

 

友人から「z/x今ガチでやると滅茶金かかるよ」と言われては居ましたが、割りと引くくらい高い(゚ω゚)

 

遊戯王で言うならカテゴリー専用のエクストラデッキのカード(シンクロとかエクシーズとか)を4枚(最低限の枚数に絞った上)で1万2千円位かかると言う(・・;)

 

買うか二の足を踏むんですが、有ると無いとじゃデッキパワーが雲泥の差とも言えるのが何とも…(・・;)

 

色々とカードが足りてない上に変に昔のデッキを引きずってる為、まともな構築では無いですが、こちらもまた後々の記事でレシピとともに書こうかとは思っております(´ω`*)

 

まぁとりあえず今の所は個人的に『ポケカ』≫『z/x』かなと言う状況。

※どっちも本当に楽しいですがモチベの話ですw

 

カードゲーム熱が高すぎて5月の週末はマジで5,6回は日本橋に行ったかも(・・;)

 

しかも朝から夜までずーっと友人と買い物したりカード回したりしてました( ・ω・)

 

割りと5月から生活変わった感が凄いですf(^_^;

 

逆に日本橋で遊ぶ友人達は『遊☆戯☆王』はやってないので『遊戯王』熱はまた陰り初めてますw

 

まぁやる相手居ないと…ねf(^_^;

 

今は「遊戯買うならポケカ買うかなー。それか無理してz/xの高いやつ。」

 

って思考です(´ω`*)

 

 

と言うことでまさかのここに来て新しくカードゲーム(しかもポケカ)を始めることになったお話でした(゚ω゚)!

 

そのうち『ポケカ』『z/x』共にレシピやら(需要は無いかもですが)あげていきます( ・ω・)ノシ

デッキレシピ【シラユキ軸除外利用型ほぼモンスター】

遊戯王デッキレシピ紹介もこれが一旦最後になりますね( ・ω・)

 

最後は個人的にも自信作かつお気に入りの【ほぼモンスター】です(゚ω゚)

 

大学生の頃からずっと【フルモンスター】を使ってきてましたので、やはり今回も【フルモンスター】はしっかりと作り込みたいと考えていたんですよねf(^_^;

 

ただ、最終的には【フルモンスター】では無く【ほぼモンスター】へと変わってしまったわけですが…(・・;)

 

あ、毎度ですがこのデッキレシピは身内での使用を想定し『マスタールール3』準拠として作成しておりますので、その辺りはご容赦下さい( ・ω・)

 

まぁこの展開力ならリンク有りきでも回るでしょうけどね(*・ω・)

 

と、では以下レシピです!

 

【シラユキ軸除外利用ほぼモンスター】

 

モンスター … 38枚

 

≪不知火の武部≫ … 1

≪不知火の陰者≫ … 3

≪妖刀ー不知火≫ … 1

≪逢魔ノ妖刀ー不知火≫ … 1

≪ユニゾンビ≫ … 3

≪ゾンビ・マスター≫ … 1

≪ゴブリン・ゾンビ≫ … 1

≪ゾンビキャリア≫ … 1

≪馬頭鬼≫ … 2

≪ファラオの化身≫ … 1

デブリ・ドラゴン≫ … 2

≪カードガンナー≫ … 3

≪A・ジェネクス・バードマン≫ … 1

≪星見獣ガリス≫ … 3

≪亡龍の戦慄ーデストルドー≫ … 1

≪グローアップ・バルブ≫ … 1

≪ジェット・シンクロン≫ … 1

≪ライトロード・アーチャー フェリス≫ … 2

≪異次元の偵察機≫ … 2

≪マスマティシャン≫ … 1

ジャイアント・レックス≫ … 1

≪妖精伝姫ーシラユキ≫ … 2

≪SRメンコート≫ … 3

 

魔法 … 3枚

 

≪雪花の光≫ … 3

 

罠 … 0枚

 

計41枚

 

EXデッキ

 

≪シューティング・ライザードラゴン≫ … 1

≪PSYフレームロード・Ω≫ … 1

≪ブラック・ローズ・ドラゴン≫ … 1

≪ゼラの天使≫ … 1

≪スターダスト・チャージウォリアー≫ … 1

≪瑚之竜≫ … 1

≪妖神ー不知火≫ … 1

≪刀神ー不知火≫ … 1

≪戦神ー不知火≫ … 1

≪炎神ー不知火≫ … 1

≪波動竜フォノンドラゴン≫ … 1

≪TGハイパー・ライブラリアン≫ … 1

≪氷結界の龍トリシューラ≫ … 1

≪ライトロード・セイント・ミネルバ≫ … 1

≪恐牙狼ダイヤウルフ≫ … 1

 

計15枚

 

まぁEXは自由です( ・ω・)

が、とりあえず『Ω』と『シューティングライザー』は必須です。

 

デッキの動きとしては…とか言って紹介したい所なのですが、このデッキ、キーカードこそ『シラユキ』ですがその他のカードは色んなカードが入っております( ・ω・)

 

なので、決まった動きとかはあんまりないんですよねf(^_^;

 

ただ、当然初手に『陰者』があった場合は『Ω』を出して下さい。

間違い無いですからね、彼は(゚ω゚)!

 

初手のモンスターで出す優先度は

 

『陰者』『ユニゾンビ』『マスマティシャン』『カードガンナー』『ゴブリンゾンビ』『物部』の順で優先してください( ・ω・)

 

ただ、『ユニゾンビ』を直出しする場合、手札に『ガリス』があれば手札を余分に切ってでも『Ω』推奨( ・ω・)

 

イメージとしては1ターン目『Ω』、2ターン目に『シューティングライザー』と言う感じでしょうか( ・ω・)

 

因みに『シューティングライザー』の効果で落とすのは『シラユキ』一択です(´ω`*)

 

ですが『シラユキ』が既に1体、墓地に行ってるなら『ジャイアント・レックス』を送っておくと次の相手のターンを凌ぎやすくなります( ・ω・)

 

『メンコート』は何枚も手札にあるようなら『雪花(墓地効果)』や『シラユキ』『ジェットシンクロン』のコストにしてしまっても良いです( ・ω・)

 

1枚握ってれば充分ですからね。

 

『シラユキ』のコストに向いたカードが多いので、『シラユキ』の効果は4回位までなら何とか使えます(・・;)

 

除外に不知火を肥やしてからの『逢魔ノ妖刀』や『陰者』などはリソースを損なわずに展開できる上に除外されたカードを使い回すことにもなるので非常に強いです( ・ω・)

 

ぶっちゃけ『ブラックローズ』でぶっぱした後『シラユキ』から『ジャイアント・レックス』『陰者』『シンクロ体の不知火(戦神)』を除外してしまえばダイレクトで6000程に到達しますから(・・;)

※要墓地手札合わせてにカード11枚以上

 

『シラユキ』ss→『ジャイアント・レックス』『陰者』『戦神』 除外

 

『陰者』ef→『戦神(効果でユニゾン除外で4300打点)』ss

 

ジャイアント・レックス』ss

 

ジャイアント・レックス』と『シラユキ』で『ミネルバ』ss→『ミネルバ』ef でエクシーズ素材の『シラユキ』切って効果

 

『シラユキ』ss(適当な7枚除外)

 

で手札と召喚権を使わずに『シラユキ(1850)』+『ミネルバ(2000)』+『戦神(4300)』=8150ダメージですからね(・・;)

 

例えば手札に『デブリ』が居て墓地に『カードガンナー』が入れば必要な墓地枚数は上記の『陰者』達を除いてたったの3枚程度で良くなりますしね( ・ω・)

 

他にも色々なワンショットルートと有りますが、多すぎて面倒臭い(殴

 

なので、実際作って使って調べてみてくださいな(熱い販促(アンデット布教

 

ただ、『ミネルバ』の効果で落ちる可能性もあることや『ガリス』『キャリア』のコンボも有るしと考えて投入した『フェリス』は正直要らないかなーとは思います(´ω`)

 

弱いとは思いませんが、やはり手札に来たときに使い道が無いですからね(・・;)

 

他にも『異次元の偵察機』なんかも1枚で充分かと思います。

 

ただ、『ミネルバ』とかの運ゲー感を楽しむ意味でも『フェリス』やら『ウォルフ』辺りは居ても面白いかとは思います( ・ω・)

 

入れ変えるならば『異次元の偵察機』2枚と『フェリス』2枚を抜いて『影霊衣の大魔道士』『影霊衣の戦士エグザ』2枚投入と言うのも有りです( ・ω・)

 

『シューティングライザー』で落とせるのでそこまで使いにくくは無いですし、何と言っても除外からの速効性が売りですね( ・ω・)

 

2000打点とは言えダイレクトされたらバカにならないですからね( ・ω・)

 

また、20回以上回してて1回もありませんが『ガリス』の不発の可能性が気になる場合は『雪花』を『増殖G』に変えても良いです(゚ω゚)

 

ただ、速効性含めて色んな点で『雪花』の方が強いですけどねf(^_^;

 

とりあえずはこんな所でしょうか(゚ω゚)

自分自身回していて未だに新しい発見があったりするくらいなのでまだまだ改良の余地があるデッキかとは思いますが、中々良いデッキに仕上がっていると思います( ・ω・)!

 

後、私は持ってないので入れてませんが『ダンテ(ランク3の奴ね)』何かは入れても良いと思います( ・ω・)

 

紹介するかは判りませんが、『シラユキ』を利用したタイプの【フルモンスター】又は【ほぼモンスター】として【獣型】も1つ案があったり…(・・;)

 

うーん、考え始めると楽しくて止まらないですねf(^_^;

デッキ構築は(´ω`*)

 

では遊戯王デッキレシピ紹介、最後のデッキは【ほぼモンスター】でしたーノシ

デッキレシピ【天照大神】

さてゴールデンウィークに遊んだ『遊戯王』のデッキ紹介も残すは2つ( ・ω・)

 

題名から判りますが、今回は『天照大神』を使ったデッキです(゚ω゚)

 

ただ、最上級故に事故がつきものなのか安定とは程遠いと言える状態です(・・;)

 

また、以前までの記事同様このレシピは『マスタールール3』準拠です。

が、あんましEXデッキ使わないので関係ないかもですねf(^_^;

 

さてでは早速レシピの方へ

 

天照大神

 

モンスター … 20枚

 

天照大神≫ … 2

≪火之迦具土≫ … 2

≪八俣大蛇≫ … 2

冥府の使者ゴーズ≫ … 2

≪大天使クリスティア≫ … 1

光と闇の竜≫ … 1

≪荒魂≫ … 3

≪和魂≫ … 1

≪天帝従騎イデア≫ … 3

≪冥帝従騎エイドス≫ … 2

≪エキセントリック・デーモン≫ … 1

 

魔法 … 18枚

 

≪死皇帝の陵墓≫ … 3

≪埋葬されし生け贄≫ … 2

≪強制転移≫ … 2

≪手札断殺≫ … 2

≪八汰鏡≫ … 2

≪月の書≫ … 2

≪強欲で謙虚な壺≫ … 2

≪増援≫ … 1

≪ワン・フォー・ワン≫ … 1

≪大嵐≫ … 1

 

罠 … 3枚

 

≪奈落の落とし穴≫ … 2

≪ゴーストリック・パニック≫ … 1

 

計41枚

 

EXデッキ

≪ゴーストリックの堕天使≫ … 1

 

 

デッキのコンセプトは最上級デッキ。

なので、リリース軽減としての役割を持つカードが多めに入っております( ・ω・)

イデア』『埋葬されし生け贄』『死皇帝』、『イデア』に繋がる『増援』『ワン・フォー・ワン』がそれにあたります。

 

ただ、何度か1人回しでデッキの調整をしていた時に思ったんですが

 

『リリース軽減カードばっかり来て肝心の最上級が来ない。』

 

『最上級ばっかり来てリリース軽減カードが来ない。』

 

と言うことが割りと多く発生しました(´ω`)

 

また、折角出せても『天照大神』含むスピリット上級モンスターは場持ちが悪く、『天照大神』や『火之迦具土』で相手にかなりのアド損を与えたのにこちらも畳み掛けられないと言う本末転倒な事態が何度も有りました(´ω`)

 

元々最上級デッキな上に『天照大神』が自発的に動けるカードでは無いことも含めて非常に速度が遅いデッキなので、相手のデッキによってはまともに機能する前に敗北しかねないと言う弱点もありますf(^_^;

 

デッキのバランスを考えて事故率を減らすと最早『天照大神』を使う必要性すらないのでは? と思うレベルだったので、いっそのこと最上級をデッキのモンスターの5割りにしてみると言う形で落ち着きました(゚ω゚)

 

後場違いな『八汰鏡』は場持ちの悪いスピリットを場に留めるカードとして入れております( ・ω・)

 

始めこそ『列旋』や下級スピリットと共に『イザナギ』を入れていたのですが、コストが想像以上に重かったのと、いざ出したいときに出せない事があるため、『八汰鏡』となりました(・・;)

 

まぁ上手く回ってもあんまり強くない上にやることが単調なので少し微妙な出来と言わざるを得ないデッキとなったと思っております(´ω`)

 

んーもっと上手く『天照大神』使いたかったんですけどねぇf(^_^;

 

一応『和魂』『荒魂』から『ゴーストリックの堕天使』へアクセスして『パニック』を引っ張って来て『天照大神』をフリーチェーンで表に返すと言う動きも仕込んだんですが、実戦ではそう上手くは行きませんでしたねf(^_^;

 

なんと言うかランク4出してる余裕ないなー的な(・・;)

 

もっとこう魔法カードで

 

「このカードは1ターンに1枚しか発動できない。レベル7以上のスピリットモンスター1体をデッキから手札に加える。このカードを発動したターン、スピリットモンスターはエンドフェイズに手札に戻る効果を適用しなくても良い。」

 

見たいなカードがあればなぁと思ってしまいましたf(^_^;

 

ただ、事故率が高いデッキですが相手のデッキによってはセットされた『天照大神』を踏み抜くしかなくなる場合もありますので、除去カードとしての性能は低くは無いかと思います( ・ω・)

 

特に『荒魂』から『火之迦具土』をサーチしてターンエンドすると、相手は無駄に手札を伏せて来ますので『天照大神』セットが刺さったり、逆に『天照大神』をサーチすると相手は殆ど場にカードを出さずに下級モンスターでこちらのセットモンスターを殴って来るので、そこに『火之迦具土』をセットしておくなど裏をかく戦術が取れるのは面白かったです(゚ω゚)

 

まぁデッキケースの容量の兼ね合いもあって新しくデッキを作るときは1つデッキを解体するのですが、割りと【魔導】か【天照大神】は解体候補になりそう(´ω`)

 

強い弱いもそうですが、動きが単調なのが少し面白味に欠ける点かなーと思います(´ω`)

 

あんまり良い評価で紹介しておりませんが、構成カードは全て安い(なんならEXデッキすら不要です)ので、『天照大神』に魅力を感じる方は作成してみても良いかとは思います( ・ω・)

 

と言うことで【天照大神】デッキの紹介でしたノシ

 

明日は『アンデット』に次ぐ相棒と言っても過言ではない【フルモンスター】(改めほぼモンスター)の紹介をしますね( ・ω・)ノシ

久々の決闘(デュエル)とゴールデンウィーク

賑わったゴールデンウィーク10連休もいよいよ最終日ですね(´ω`)

 

始まる前は長い長いと、始まってからは「まだ後7日ある!」なんて思ったりしますが、終わってみると早い早い(・・;)

 

基本的に実家でゴロゴロしてただけですが、触れ帰ってみると前半の3日間位は遊戯王のデッキ調整につきっきりだったような気がします(・・;)

 

後はAmazonプライムでひたすら『5D's』を見てました( ・ω・)

 

まぁ別に後悔は無いですよ( ・ω・)

 

他にも『イチゴ狩り』行ったり『墓参り』行ったり色々ありましたしね( ・ω・)

 

で、ブログでも言っていた通り、5月4日には朝から晩まで友人達とずーっと決闘してました( ̄▽ ̄;)

 

関数電卓で80008000と打ってライフ計算するのも久々でワクワクでした(゚ω゚)

 

で3人の友人と(+私の計4人)で決闘したんですが、やっぱりカードゲームは楽しいですね( ・ω・)

 

友人達のデッキは(便宜上Aさん,Bさん,Cさんとします。)

 

Aさん

【武神】

【外道ビート】

ユベル

【アマゾネス】

 

Bさん

【マドルチェ】

【森羅】

【天変リチュア】

【BF】

 

Cさん

【エンジェルパーミッション

【レヴァライダー?】

【スキドレ暗黒界】

【カラクリ】

【聖刻龍】

【デッキデス】

【闇デッキ】

 

私の使用デッキは

 

天照大神

【純エヴォル】

【炎王】

【魔導】

【アンデット/バスター】

【不知火】

【ほぼモン】

 

でした( ・ω・)

 

友人方のデッキとの対戦カードは

 

A【武神】vsもふ【天照大神

2勝2敗

 

お互い遅めのデッキ対決。

場に維持したい【武神】側には『天照大神』が大分鬱陶しかった模様(゚ω゚)

ただこちらとしてもヤマト棒立ちに対して『火之迦具土』で殴りにいけない(オネストとハバキリがキツイ)など、お互い相性はどっこいどっこいか(´ω`)

 

結局お互いに負けた試合は事故った時とか言う良く判らんことにw

 

A【外道ビート】vsもふ【エヴォル】

2勝1敗

 

うちのデッキではファン色濃い目な【エヴォル】に対して『ライオウ』や罠豊富な【外道ビート】(>_<)

 

ぶっちゃけ2勝1負けか3勝だったかは忘れましたが、勝ち越ししたのは確か( ・ω・)

 

1戦目でいきなり先行『ライオウ』とか言うファン殺しをされましたが、細かくリソースを削って『進化の特異点』を通して勝利した時は嬉しかったです(*・ω・)

 

確か2勝目は『究極電導恐竜』でゴリ押しした気がします(゚ω゚)

 

意外に『進化の代償』が良い活躍してくれました(゚ω゚)

何気に『エヴォルダー・ケラト』が素で1900打点なのも有り難かった。

もふ「罠発動!スキルサクセサー!!」ツヨイ!

 

B【マドルチェ】vsもふ【天照大神

2勝

 

相手がかなり久々に使うとのこともあり1勝目はかなり相手のプレイミスが有りました( ̄▽ ̄;)

2勝目は普通に『火之迦具土』サーチで魔法を伏せさせてからの『天照大神』で押し勝ちました(*・ω・)

 

B【マドルチェ】vsもふ【炎王】

1勝?

 

何か戦った記憶が1戦分しか無い( ̄▽ ̄;)

『ガルドニクス』『ネフティス』で荒らし回った挙げ句にバトル中『炎王炎環』での追撃で割りと早く決着したかと(・・;)

 

B【マドルチェ】vsもふ【アンデット/バスター】

2勝

 

『アンデットワールド』が『メッセンジェラート』『チケット』に刺さり、割りと鬱陶しそうでした( ̄▽ ̄;)

後『アンデットワールド』下の『死霊王ドーハスーラ』の制圧能力はヤバイですね(・・;)

 

昔結構煮え湯を飲まされた気のする【マドルチェ】相手に制圧を敷けるとは…(・・;)

2勝の内1勝は『瑚之竜』『不知火ー刀神』から『ツィルキオン』出して、そこから『スターダスト/バスター』に繋げて制圧と言う動きも有りました( ・ω・)

場には『Ω』『スタバ』『ドーハ』『ツィルキ』『アンデットワールド』と割りと阿保みたいな制圧盤面でした。

 

B【森羅】vsもふ【魔導】

2勝

 

1戦目は初手『バテル』から『ラメイソン(3ターン位維持)』まで行ったのですが、引きが弱く中々『ジュノン』が引けず長引いた記憶(・・;)

 

逆に2戦目は初手『ジュノン』だったんですが『グリモ』『バテル』を引けずに継戦に欠けた記憶が( ・ω・)

 

妨害札も少なく結構危うかったなぁと思います(´ω`)

 

C【エンジェルパーミッション】vsもふ【アンデット/バスター】

2勝

 

開始前に「ゴメン!1回パーミッション使こうて良い!?」「でもパーミッションやから嫌やったらデッキ変えるで。」と言ってくれての開始f(^_^;

 

正直私も

 

もふ「パーミッション?良いよ良いよ(マジか…。完封されそうや)」

 

何て感じてましたが、蓋を開けてみれば2勝でマッチ勝利(*・ω・)!

 

相手のデッキの改良後故のバランス難による事故(と言うか手札バランス難)に助けられました( ・ω・)

※お相手談

 

確かにパーミッション向けの効果モンスターが増えた関係でモンスターと罠のバランスが難しそうですよね(・・;)

 

後は前の記事でも言っていた『月の書』投入が相手の『アルテミス』へ刺さったりと良い動きをしてくれてました(゚ω゚)!

 

ただ、2回とも初手に『スタ/バ』と『デス/バ』のどっちかは来るの何なのよ(´ω`)?

 

C【レヴァライダー?】vsもふ【不知火】

2勝

 

お相手のデッキに?が付いているのは、お相手曰く「レヴァは抜こうかと思ってる」らしいからです。

ちなみに実態は『目覚めの旋律』から『混沌帝龍』と『sin青眼』辺りをサーチしてそれを『トレードイン』等で回しながら『エクリプスワイバーン』やら『レダメ』やらで高火力ワンショットを狙うデッキ(・・;)

事故りそうなコンセプトに反して非常に速い上に安定してました(゚ω゚)

 

1戦目は先行1ターン目にこちらが『陰者始動Ω』でエンドしたところ、後攻1ターン目に『レダメ』『青眼』『混沌帝龍』と展開されていきなり残りライフ2000まで削られました(´ω`)

※しかも生き残る為にΩも犠牲に成りましたし(´ω`)

 

ただ、そこから相手が場の『神の宣告』と手札の『混沌帝龍』を見せて

 

C「ふっふっふ。詰めデュエルだ!」なんて言って来たのでかなり長考させてもらって何とか返しました(゚ω゚)

 

相手は『神の宣告』があって2800越えが3体いながら返されるとは思っていなかった様です( ・ω・)

 

墓地から『馬』始動で召喚権を残して『黒薔薇』に繋げて『神の宣告』を使わせてから『炎神』まで行って、『レダメ』を葬っただけですが…(・・;)

 

ただ、相手は『炎神』の打点と耐性効果を突破出来ないので『混沌帝龍』の効果を起動するしかない状況になり、返しのターンで『妖刀』の墓地シンクロから『戦神』で止めと言う形で勝ちました(´ω`)

 

が、詰めデュエルと称して伏せカード(神の宣告)を見せられてなければ、違う動きをしてた(そして神の宣告でマストカウンターされて詰んでた)かもなので、勝ちとは言えないかも知れません( ・ω・)

 

ちなみに2勝目は場を壊滅させられた後『光と闇の竜』を立てられましたが、墓地の『Ω』の効果を連打して突破しました( ・ω・)

『Ω』強い(´ω`*)

 

C【スキドレ暗黒界】vsもふ【ほぼモン】

 

2敗(ストレート負け)

 

これまたメタ系のデッキ。

お相手も開始前に「ゴメン!割りとクソみたいなメタ系やけど良い!?」と「あまりにもなら変えるし!」と言っていましたf(^_^;

 

しかもこちらは【ほぼモン】と言う相性の悪さ(´ω`)

 

『スキドレ』なんて早々初手に来ないだろうと思いますが1戦目は先行1ターン目から『スキドレ』を貼られてサレンダーさせてもらいました(´ω`)

 

いや、本当に何にもすることなくなるので(・・;)

で、マッチ負けと言うことでデッキチェンジをして下さいましたm(._.)m

 

C【カラクリ】vsもふ【ほぼモン】

2勝

 

前の決闘では全く見せ場なく終わったので、流石にと思いこちらは再度【ほぼモン】。

返しの後攻1ターン目に相手が『小町』『複製術』で『無零』&『無零怒』連打を噛まして来ましたが、こちらも持ち前の展開力から盤面を返して勝てました(゚ω゚)

 

C【聖刻龍】vsもふ【ほぼモン】

2勝

 

こちらも持ち前の展開力がひかり、基本的に圧殺(゚ω゚)

阿保みたいなリカバリー力を見せ付けて理想の動きをしての勝利でした(´ω`*)

 

最後に

 

1回目

A【ユベル

B【天変リチュア】

C【デッキデス】

もふ【アンデット/バスター】

 

2回目

A【アマゾネス】

B【BF】

C【闇デッキ】

もふ【不知火】

 

でバトルロワイヤル決闘をしました( ・ω・)!

 

1回目のバトルロワイヤルでは全員を相手にボス役的なのをやりましたw

 

もふ「フハハハハ!温いわ!」除去連打

 

A,B,C「おい!皆で奴を倒すぞ!」

 

的な(゚ω゚)

 

ちなみに皆の団結の前に死闘の末負けました(´ω`*)

 

最後はまさかの【天変リチュア】の『デスガエル』暴走召喚からのドヴォクザークによるデッキデス負けと言う熱い展開(*・ω・)

 

B「デッキからカードをドロー出来なくなった者は決闘を続けることは出来ない!」

A,B,C「俺たちの勝ちだ!」(既にCは負けてるが)

 

もふ「まさかこの私が…グフッ」

 

楽しかったです(´ω`*)

 

 

2回目は終電の時間等もあり【不知火】で割りと早く全員を倒して勝ちました(オイ

 

皆の『Ω』に対する共働除去が熱かったです(゚ω゚)

 

A「壊獣によりΩをリリース!」

C「手札断殺!手札にある異次元からの埋葬は捨てて貰う!」

B「俺のターン!氷結界の龍トリシューラ!消えろ!Ωぁ!」

 

的なね(゚ω゚)

※脚色入ってますけど、実際にこの流れでしたw

因みに手札に異次元からの埋葬があるのは『天変地異』の効果でバレてます。

 

バトルロワイヤルのルールは1人狙いによる早期脱落を抑制するために

 

①1ターン目は4番目のプレイヤーのみ攻撃可能

②1ターン中受けるダメージは2000まで(4000ダメージを受けたら内2000ダメージは無効)

ただしバーンダメージと戦闘ダメージは別カウント

③1ターン目は全員ドロー可

 

後は出来るだけ平等に狙いましょう的な(勿論ヤバい奴は潰しにいってOK)

 

まぁこんな感じで久々の決闘を楽しんで来ました(゚ω゚)

 

時間の都合やらで噛み合わなくて対戦出来てませんが、Aの【帝王】【六武衆】やCの【堕天使】とも戦って見たかったです(*・ω・)

 

次の機会があれば是非手合わせ願いたいです(゚ω゚)

 

明日明後日には【天照大神】【ほぼモン】のレシピも載せます( ・ω・)

 

天照大神】は事故が半端ないのであんまり強くは無いですが、【ほぼモン】は【スキドレ暗黒界】以外には無敗と言う凄まじい結果を残してくれました(゚ω゚)!

 

私の【ほぼモン】はCさんのデッキと戦ってたんですが、それを見てたAさんが「素晴らしいデッキだ」と称賛をくれましたしね(´ω`*)ウレシー

冗談かも知れませんが「完コピして使いたい」とまで言われたりと随分と気に入られた様で(゚ω゚)

 

デッキビルダーとしては自作のデッキが褒められることは何にも勝る喜びです(´ω`*)

 

友人達も今回の決闘祭りを終え、新たなデッキ作成への意欲が沸いていた様なので、私も何か新しいデッキ作ろうかなーと(゚ω゚)

 

作るとしたら【ファーニマル】か【空牙団】か【シムルグ】が良いですね( ・ω・)

ケモいのが使いたいので(゚ω゚)

 

まぁとにかく、今回は久々の決闘が非常に楽しかったよと言うお話でした(゚ω゚)ノシ