もふとケモノとサンダース!

サンダースが世界の何よりも愛おしいケモナーの日記…的なもの。

ポケモンデッキレシピ【モクナシ/レック/ガノン】

 

はい!予告通り?今回はポケカのデッキレシピ記事です(゚ω゚)!

 

今回は改造によりデッキが変わった物を除くと3個目に作成したデッキです。

 

さて安定の公式サイトドーン(゚ω゚)!

 

 

 

さてまずは各カード(と言うか主役)の解説でも

 

モクロー&アローラナッシーGX』

 

 

 

弱いことが書いてない子。

(まぁTAGチームって大体そうですけどね…)

 

特徴的なのはやっぱり0エネで打てる『スーパーグロウ』でしょうか(゚ω゚)!

 

草タイプの種ポケなら進化先が何だろうと問答無用で進化できちゃう最強技(白目

 

ただ、後攻1ターン目の『スーパーグロウ』は強いですが、先行2ターン目の『スーパーグロウ』は少し怖い。

 

要求エネルギーこそ半端では無い(合計6エネ必要)ですが、GX技も相手によってはぶっ刺さるわ、下技も3エネ150点&30回復と並みの強さを持っているため普通に突っ張って戦えるのも良いところでしょうか( ・ω・)

 

 

クワガノン(ストロングチャージ)』

 

 

 

このデッキでの『スーパーグロウ』先。

1ターンに1回デッキから2エネ加速とか言うぶっ飛んだ特性持ち。

(とは言うもののカラマネロとかみたいに大概なやつが他のタイプには割りと居るので、別にぶっ壊れてはいないかなと)

 

2進化故にデッキスペースは喰うわ、進化が安定しないわで本来ならハイリスクハイリターンなカードの筈が、最速だと後攻1ターン目には『スーパーグロウ』で出てくる為、やっぱり頭可笑しいカードかも知れません(´ω`*)

 

このデッキでは2体立てたいので4-3-3ラインで投入してます(゚ω゚)!

 

 

レックウザGX』

 

 

 

THE・脳筋

 

に見せかけて『疾風怒濤』で細かく打点調整したりと意外と汎用性高いカード。

(結局打点が上がるんだからやっぱり脳筋じゃねーかとか言わない)

 

一応このデッキの主役カード。

 

場の雷、草エネルギーの数×30打点と言う青天井のお陰で後攻3ターン目位からTAGチームを確一に持っていけます(゚ω゚)!

※疾風怒濤とかコケコPSとか必要ですけどね

 

シェイミPS』

 

 

プチレックウザ

逃げエネ0。

サイド1枚しか取られない。

最強。

 

 

・その他のサポートやポケモン

 

ゼラオラGX』

 

 

雷エネルギーが付いてるポケモンの逃げエネルギーが0になるとか言う頭の悪い特性持ち。

主に『スーパーグロウ』し終わった『モクナシ』を下げる為のカード。

また、後攻1ターン目の『スーパーグロウ』を安定させるためには絶対必要なカードなので、特に理由がなければ入れましょう。

 

『カプ・コケコPS』

 

 

魔法カード。

トラッシュの雷エネルギーを2枚ベンチのポケモンにつけられるのは単純に強いです(´ω`*)

クワガノン』のチャージ、手張りと合わせて5枚、『疾風怒濤』が合わされば6枚ものエネルギーが1ターンで増えます(゚ω゚)!

レックウザ打点換算で180点。

 

特筆すべきはここまでで、グッズなどは『ゼラオラ』『モクナシ』『アゴジムシ』のすべてにアクセス出来る『ネスト』を4投。

レックウザ』を手に持てる『通信』『プレシャス』『ミステリートレジャー』を合わせて4投。

 

『ハイパーボール』じゃない理由は2枚の手札コストは少し重かったからですかね。

 

サポートはドローソースと『グズマ』と言う面白味の無い構築なので割愛します(´ω`)

 

さてここからはプレイング(と言うかデッキの使い方)について少し。

 

このデッキはガノンのエネルギー管理が何よりも重要なので、逆に言うとそれさえ出来れば他は雑でも何とかなります(・・;)

 

まず先行と後攻どちらの場合も『スーパーグロウ』に向けて進めます。

 

先行でも後攻でも2ターン目までには『スーパーグロウ』打てるように頑張りましょう( ・ω・)

余程事故らない限りは流石に打てます。

 

 

で、『クワガノン』を2体立てるのか1体で良いのかは相手のデッキによって決めます。

 

基準としては明確で、相手の主力のHPが180以下か上か。

以下なら1体で、上なら2体立てましょう。

 

と言うのも、上で少し書いてますが、場のエネルギーが涸渇した状況から『コケコ』や『疾風怒濤』を駆使して用意できるエネルギー枚数は6枚が限界なのです。

 

レックウザがハチマキ無しで180点。

ハチマキ込みで210点ですが、ハチマキは2枚なので引かないことも多いので(又は1体目に付けてて倒されて無くなったなど)、ハチマキをあてにせず180打点を瞬間火力として考えています。

 

ただ、これは『クワガノン』が1体の場合の為、2体立てられているとエネルギー枚数は8枚になります。

レックウザ打点換算で240点。

ハチマキ込みだと270点とTAGチームを確一にとれる火力に到達します。

 

まぁ、環境的に見ても2体立てとく方が無難かとは思いますけどねf(^_^;

 

後、相手が瞬間的にどの程度まで打点が出せるのかも重要で

 

①270点を越えてくる

②260点以下までしか出ない

 

大きく分けて2パターンで区切って考えてます。

 

どんな条件であれ相手が270点を越える打点を出せる場合はモクナシには3エネまでしか付けないようにしましょう。

 

沢山付けてると不意に『モクナシ』が落ちたときに『レックウザ』が打点を出せなくなりますから(´ω`)

 

実際に嬉しそうに『モクナシ』に6エネ付けて『トロピカルアワーGX』を打ってどや顔してたら、返しで『モクナシ』を落とされてそのまま負けたことが何度か有りますしねw

 

…。

 

書いてて思いますが、このデッキ、あんまり書くこと無いんですよね(´ω`*)

 

単純に『スーパーグロウ』から『ガノン』を立てて、『レックウザ』を脳筋にして殴るだけですから(・・;)

 

逆に言うとシンプルで使いやすいとも( ・ω・)

(しかも強い)

 

…実際、私のデッキの中でも強い方だと思いますしね。

 

明確に弱点って相手もいないので使い勝手も良いですしね(炎タイプには不利ですが)

 

まぁ『モクナシ』使ってみたいって人は入門用としてもかなりオススメなので是非手にとって見てくださいな(゚ω゚*)

 

以上あんまり書くことなかったポケカデッキレシピ第3弾でしたーノシ